That Thing you Do! (1996) / すべてをあなたに

『すべてをあなたに』(That Thing You Do!)は、1996年製作のアメリカ映画。
俳優のトム・ハンクスが満を持して温めた企画を映画化した青春音楽映画で、1960年代にビートルズのようなスターを夢見た若者たちを描く。ハンクス自身は彼らのマネージャー役で出演もしている。また無名時代のシャーリーズ・セロンが主人公のガールフレンド役で出演しているほか、トム・ハンクスの夫人であるリタ・ウィルソンがウェイトレス役で、息子であるコリン・ハンクスが新人のボーイ役でそれぞれ出演している。

 ・ amazon : That Thing you Do! (1996) / すべてをあなたに

 ・ Youtube movie : That Thing you Do! (1996) / すべてをあなたに

That Thing you Do! (1996) / すべてをあなたにのあらすじ

1964年、ペンシルベニア州の小さな田舎町、エリー。父の電気店を手伝っているガイ(トム・エヴェレット・スコット)はジャズが好きで、閉店後に地下でドラムを叩いている時が至福の時間だった。ある時、仲の良い知り合いのバンドからケガをしたドラマーの代役を頼まれ大学のコンテストに出場する。バンド「ワンダーズ」のメンバーは作詞作曲も手掛けるボーカル&サイドギターのジミー、リードギター&サイドボーカルのレニー、そしてベースプレイヤー。ジミーのガールフレンドのフェイも常にバンドと共に行動していた。演奏曲はバラードであったが、ガイはその場のひらめきでハイビートなリズムを刻むとこれが大ウケして優勝する。そしてここからバンドのシンデレラストーリーが始まるのである。

コンテストを見た町のライブレストランのオーナーに声をかけられ店内での定期出演をするとファンが次々に増え、すっかり地元の人気バンドになった。自信をつけたメンバーがレコードも自主製作する頃、評判を聞きつけたホレスがマネージメントを申し出てくる。ホレスの売り込みで地元ラジオに曲のオンエア、ピッツバーグのロックイベントへの出演、そしてメジャーレーベルであるプレイトーンレコード会社の敏腕プロデューサー、ミスター・ホワイト(トム・ハンクス)への紹介と続く。ホワイトに見込まれたワンダーズはレーベルからのレコード発売と、プレイトーンレコード所属のミュージシャン達と共に全米を廻るツアー参加が決定。他のツアーアーティストの中にはガイ達が憧れのダイアン・デインやフレディ・フレデリクソンらも居た。ホワイトはワンダーズの表記スペルの変更をはじめ、ステージでの立ち振る舞いや段取りの指導、お揃いの赤やゴールドの衣装を着させたり、ガイにサングラスをかけさせてトレードマークとされるなど、次々にバンドを改革。プロデュースされたワンダーズの人気は急上昇し、レコードは全米チャートでトップ10入りまで昇りつめる。若者に絶大な人気となったワンダーズは合同ツアーから離れ単独の活動に入ると、映画へのチョイ役やラジオへのゲスト出演など、まさに順風満帆であった。
しかしジミーだけは不満を抱えていた。作曲の才能もあるジミーはライブばかりではなく次のレコード制作もしたかったのだが、いつまで経ってもその気配がないからだ。記者を招いてのレーベルのパーティで、会長が自分達を気に入ってくれていると思ったジミーは会長に直談判を試みるが、昼飯の邪魔だと怒鳴りつけられてしまう。記者の前では笑顔で肩を組んでくれた会長だが、実際は金儲けの使い捨てコマ程度にしか思われていなかったのだ。ダイアン・デインに「会社を信じるな」と助言されていた意味を理解し始めるジミー。ある日、仕事の合間に1人時間を持て余したガイは、ボーイにジャズが楽しめる店を教えてもらい行ってみると、そこにはガイが憧れるジャズマン、デル・パクストンがおり、ウェイトレスの計らいで同席させて貰うと、音楽人生に対して助言を貰えるのであった。
この頃からジミーだけでなくメンバーの気持ちも少しずつではあるがバラバラになり始めていた。ついに全米放送のテレビ番組に出演するワンダーズだが、もともと海兵隊に入隊する予定だったベースプレイヤーは、ホテルで出会った現役海兵隊員に誘われ遊びに出たっきり戻って来なかった。番組にはホワイトが用意した腕利きのベーシストが代役に入ったため問題なく、番組出演は大成功で終えるのだが、その放送中に「ジミーファンの女性の皆様、彼は婚約しています。」というテロップが流れ、ジミーは激怒しフェイと別れてしまうと、バンド内の空気は険悪になってしまう。一方レニーは元々モテたくてバンドをやっていた部分があり、モデル並みに美人の恋人が出来ると、バンド活動そっちのけで恋人と遊びに行ってしまうのであった。
すでにメンバーの心がバラバラになった中、新曲レコーディングが始まったが、しっとりとしたバラード曲を中心にしたオリジナルを作りたいジミーに対し、ホワイトが指示するアルバムの内容はカバー曲が中心でオリジナルはLP片面につき1曲ずつのみ、それも湿っぽいラブソングは無しでスナップの効いたノリの良い曲にしろとの要求だった。売れるレコードを知り尽くしてるホワイトと、ジミーが作りたい物とは大きく違っており、ジミーはその場で「辞める」と言い放ちスタジオを後にする。バンドの中心であるジミーが去る事はバンドの解散を意味していた。ガイはどうしたら良いか解らず1人残されたスタジオでドラムをいじり始めると、そこに尊敬するデル・パクストンが現れ、ジャム・セッションを始めるとガイは元気を取り戻す。その後、ホテルに戻ったガイはフェイに音楽の仕事ができたのでとどまることを伝え、故郷に帰るフェイを見送ろうとするが、フェイを愛していることに気付き、キスをして抱きしめた。

関連記事

  1. Radio Flyer (1992) / ラジオ・フライヤー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。