The Bonfire of the Vanities (1990) / 虚栄の篝火

『虚栄の篝火』(きょえいのかがりび、原題: The Bonfire of the Vanities)は、トム・ウルフの小説。1987年に発表された。1980年代のアメリカ文学における最重要作品として名高い。1990年に映画化されている。

 ・ amazon : The Bonfire of the Vanities (1990) / 虚栄の篝火

 ・ Apple : 虚栄のかがり火(字幕版) – ブライアン・デ・パルマ

The Bonfire of the Vanities (1990) / 虚栄の篝火のあらすじ

ウォール街でエリートトレーダーの地位を築いていたシャーマン・マッコイ(トム・ハンクス)は、不倫相手のマリア(メラニー・グリフィス)とのドライブ中に黒人を跳ねてしまう。その時運転していたのはマリアだったが、目撃された車のナンバーから持ち主であるマッコイに疑いの目が向けられてしまう。一方、特ダネから見放されていた新聞記者ピーター・ファロー(ブルース・ウィリス)は、ひょんなことからこのことを知り、記事として取り上げる。さらにニューヨークの市長選に出馬しようとする地方検事エイブ・ワイス(F・マーリー・エイブラハム)も、このウォール街の白人エリートが黒人を轢き逃げしたという事件を告発することで、自分の選挙活動に利用しようと企んでいた。

関連記事

  1. Saving Mr. Banks (2013) / ウォルト・ディズニーの約束

  2. Charlie Wilson’s War (2006) / チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

  3. Saving Private Ryan (1998) / プライベート・ライアン

  4. Philadelphia (1993) / フィラデルフィア

  5. Cast Away (2000) : キャスト・アウェイ

  6. Rona Jaffe’s Mazes and Monsters (1982) / トム・ハンクスの大迷宮

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。