オットーという男 (2022) : A Man Called Otto

町内一の嫌われ者の人生が、向かいに越してきた一家との交流を通して一変していく様子を描くヒューマンドラマ。第89回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたスウェーデン映画『幸せなひとりぼっち』を、トム・ハンクス主演でリメイクした。マーク・フォースターが監督を務め、デビッド・マギーが脚本を担当した。

監督:マーク・フォースター
出演:トム:ハンクス、マリアナ・トレビーニョ、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、レイチェル・ケラー

オットーという男 (2022)のあらすじ

いつもご機嫌斜めで曲がったことが大嫌いなオットー(トム・ハンクス)は、町の人々から煙たがられる面倒で近寄り難い存在だった。しかし最愛の妻に先立たれ、仕事も失い孤独に苛まれた彼は、自らの人生を終わらせようとしていた。だが向かいに越してきた家族に邪魔をされ、死にたくても死ぬことができない。そんな陽気な奥さんをはじめとした一家との出会いがオットーの人生を変えていく。

関連記事

  1. チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (2006) : Charlie Wilson’s War

  2. パンチライン (1988) : Punchline

  3. エルヴィス (2022) : Elvis

  4. Extremely Loud & Incredibly Close (2011) / ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

  5. フィラデルフィア (1993) : Philadelphia

  6. キャスト・アウェイ (2000) : Cast Away

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。